1. 姫路城
  2. "

    では、その筋はどこにあるのかをお教えしよう。両手に腰を当ててその場に立つ。そしてお尻にギュッと力を入れてみよう。お尻の側面がくぼんで、その上部の親指が触っている部分が盛り上がるはずだ。顔に例えれば、ほっぺたを口の内側に思い切り吸い込むと、頬骨が突出して見える。お尻にも、そういう頬骨のような隆起した部分ができているはずだ。力を入れているのだから、当然硬い。その硬い部分を親指で押してみてほしい。

    わからない人はこちらのリンクをクリックすると見当がつきます!(画像はwikipediaより)
    http://nolovenoteam.com/wp-content/uploads/2013/10/osiri.jpg

    お尻の肉の奥のほうに、ものすごく硬くなっている筋肉の筋がある。そこを触っている状態で、お尻の力を抜いてみよう。腰痛に悩む人なら、ほとんどの場合ここの筋がゴリゴリに凝っているはずだ。この筋が腰痛の根本的な原因だ。疑う人は、拳や親指の第一関節をたてて、その部分をマッサージして揉み解してみるといい。明らかに腰の重みやだるさや痛みがとれ、軽くなることが体感できる。

    この筋さえ柔らかく保っておけば、腰痛に悩まされることは激減する。椎間板ヘルニアなど、神経系の手術が必要なものには対応できないだろうが、通常の慢性腰痛ならば効果は抜群だ。痛みに苦しんでいる人は、騙されたと思ってやってみよう。

    "

    863
  3. "お金貰ってないのに作業させられて、『まだ発注書出してないから無料提案と認識しております』とかいってドタキャンされたとき、こっちも『まだNDA結んでないから聞いた話全部ツイートします』とか言いたくなる。まぁ大人だからやらないけど。大人だからやらないけど!"

    246
  4. "研究チームは巨大隕石が衝突時につくりだした環境を再現する実験装置を開発、「高出力レーザー激光XII号」によって無水石膏の試験サンプルにインパクターを秒速13~25㎞の速度で衝突させ、世界初「宇宙速度での衝突蒸発実験」に成功する

    この結果、衝突時に放出されるガスは、これまで考えられていた二酸化硫黄ではなく、水蒸気と素早く結合し、地表へ酸性雨となって落下する三酸化硫黄がほとんどを占め、太陽光の遮蔽はごく短時間に終わることがわかった

    当時ユカタン半島の岩石に多く含まれていた硫黄が、隕石衝突時のエネルギーによって蒸発し、硫黄酸化物ガスが大気中に爆発的に放出、わずか数日のうちに「硫酸の酸性雨」となって全地球的に降り注ぎ、海洋生物の66%を絶滅させた深刻な海洋酸性化を引き起こしたことも明らかになる

    陸上で高い絶滅率が、淡水や海底では低かったこと、その後、酸に強いシダ植物が繁茂したことも「硫酸の酸性雨」と「海洋酸性化」によって統一的に説明された"

    387
  5. "私の知る第一線のひとびとは、クマが水を飲むように本を読み、常軌を逸した大量の作業を毎日ふつうにこなしている。しかしそれはかれらにとって苦痛ではない。それは自然なことで、あたりまえのことだ。かれらに「どうしたらそんなにがんばれるんですか」と聞いてみればよい。頭をからっぽにすればきみにもできるよ、という回答が返ってくるだろう。

    努力ということばが本来意味する姿勢とは、そういうあたりまえのことをどれだけ持つか、ということだ。

    才能は努力しない。なぜならそれは日常だからである。"

    968
  6. "「自分は正しい」というのは客観的評価ではなく信念とか信仰のようなものだから説得で覆すことは難しい。"

    522
  7. "difffは、論文などテキストの差分を見抜くだけでなく、プログラムのソースコードを比較するといった用途にも役立つ。投稿された文書はサーバに一切残らないようになっているとのことだが、それでも「部外秘の文書をどうしても社内のサーバでデュフフしたいというような要望が多かった」として、GitHubにソースコードを公開している。"

    56
  8. "「まず殺される人物を設定しなさい。次に犯人と動機を決める」

    ミステリーの書き方だそうです。

    1.殺される人物の設定
    2.犯人と動機を決める
    3.犯人がいつ、どこで、どうやって殺人を犯すか決める
    4.トリックを決める
    4.1.トリックが決まっていなければ事件がどう解決されるか考える
    5.探偵役を決める
    6.話を複雑にするために怪しい人物を登場させる
    "

    1050
  9. "武井壮さんにトレーニングして貰った男の子が、小学校のかけっこで1位になった。そうしたら、いつも1位だった子が悔しがって、彼にパンチした。
    彼はそれがショックで武井さんに話したら「それが1位になるってことだ。常に後ろから追われるんだ。」と言われて、気持ちが晴れた。
    …いい教育だなぁ"

    1577
  10. "

    昔、若い漫画家から「ボク、水木しげると横山光輝が読めないんです」と言われた事が。絵柄とか内容の問題ではなく、内容が頭に入ってこないのだと言う。読字障害とかでなく、セリフと絵とコマとコマのシーンの流れが繋がらないと。

    水木先生はともかく、横山先生の職人的構成力をひたすら尊敬する自分としては、ぽかんとしたんだけれども、それはキミの好みだよと切り捨てるには、チョット引っ掛け部分もあって、以来ずっと考えているんですが。一つの仮説として、お二人の作風のルーツに、紙芝居があるからではないか、と。

    手塚治虫以来、日本の漫画は映画的な手法をコマの中に落とし込む方向で進化してきたわけで。それが主流派になったから忘れ去られがちだけど、日本の表現の文化としては、実は紙芝居やそれに連なる系譜の表現というのは確実にあって。映画的な表現が流れを追うのに比較して、紙芝居は異なる。

    ちょっと乱暴な事をいえば、映画的な表現はアニメの原画マンの絵に当たる、動きの起点と終点部分の絵の中から、さらに絞り込んでセレクトしたカットと台詞を組み合わせて物語を進行させるのに近い。対して紙芝居は、そのシーンの中の象徴的なシーンを切り取って、そこに台詞を載せる感じか。

    紙芝居は絵本的な表現に話芸が加わる物だけど、落合信彦氏の父親がひとつの紙芝居で適当にいくつもの話をでっち上げたように、象徴的なシーンを抽出した物なので、そこで物語を組み替える事が比較的容易。逆説的に、その象徴的な絵と絵の間のシーンは、見聞きする側がイメージして補う部分が大きい。

    で、冒頭に戻って。その視点で見ると、元々紙芝居を描かれていた水木しげる先生はもちろん、横山光輝先生の作品もナレーションが多めの作品では紙芝居的な象徴的なカットに載せる感じで、手元にある本だと『時の行者』の紀ノ国屋文左衛門の回とか、割とそんな感じが。たぶん、そこらが読めない理由か。

    落語を見せても、着物きた人が首を左右に振りながら喋っていると認識する人は、その外面だけを見ているわけで、そこで表現されている物語のイメージがわかない人は面白さを理解するのは難しい。例えば『風呂敷』という演目は、上手い演者だと押入れからヨロヨロと這い出た間男の姿が浮かぶほど。

    主観表現の漫画は本来、絵本や紙芝居的な象徴的なシーンのカットに、時間表現の映画的な表現手法を取り込んで発達してきた部分があるわけで。ところが、そこら編が進みすぎた結果、先に書いたアニメの原画的な素材の中で、従来は省略されていた部分が、そのまま描かれるような表現が増えたような。

    そのような、時間表現的手法の作家は、代表的な存在が大友克洋氏であろうか。氏の作風を非手塚的と評する人もいるけれど、実際は手塚的な映画手法の落とし込みの流れの中に位置付けられる訳で。それは昭和35年生まれ以降の、テレビが身近にある世代によって更に発展して行くことに。

    しかし、菊地秀行先生が「大友克洋は漫画が下手」と評したように、時間表現的な表現手法が発達しすぎた結果、従来の表現手法からすれば省略しても良いカットが大量に残り、表現の冗漫化が起きてしまっている。でも、コレに慣れてしまった世代には、水木先生や横山先生の作品が読めない、ということに。

    自分がこういう視点を持つようになったのは魔夜峰央先生が、普通の人間が8コマで表現する物を、山上たつひこ先生は4コマで表現している、と評されてから。これは映画やアニメ的な、動きの起点や終点を追いかければ8コマかかる物を、省略して4コマにするのが漫画的表現とも言える、ということ。

    自分が尊敬するある漫画家も、魔夜先生のファンなのだが、この話をした時にしばらく考え込んで、「そう言えばアニメのパタリロを見た時、漫画のスピーディさが失われているような」と。漫画だとバンコランの悪口を言ったパタリロが、次のコマではボコボコにされた姿(結果)を見せる事で省略可能。

    ただ、気をつけないといけないのは、漫画的な省略というのは、1・2・3・4・5・6・7・8という時間表現を、1・3・5・7や2・4・6・8と摘めばいいかと言えば、そう単純ではない点。1・2.4・2.8・8のような、摘まみつつも別途加える事で8コマを4コマにする表現力が必要。

    ここら辺は、漫画家は割と感覚的に処理しているし、また優れた漫画家は落語のようなイメージ力が必要な表現のファンが多く、紙芝居的な象徴的なシーンを無意識に抽出する能力にも秀でていたりするけれど。CDやデジタルデータで育った世代に「巻き戻し」と言っても肉体的実感が伴わないという問題が。

    ただ、大学で18~20歳ぐらいの、アニメで育った、時間表現が当然で漫画的な省略ができない世代でも、ジャンプの某漫画をテキストに、このページのこのコマとこのコマが無駄で、この3コマをこんな1コマに表現し直せばよりスピーディでしょ、と説明してやると、コツがわかる子がけっこういる。

    たぶん、ここら辺の表現技術については、自称漫画研究者とかには無理だし、理論化はもちろん一般化もできない。いわんやドリル化など…。金平守人先生の『エロ漫の星』の中に、その一端が描かれてはいるけれど、これは師である石川サブロウ先生から伝承された、本来は門外不出の技術だし。

    ビッグ錠先生の漫画で、東京から関西に来た料理人の味付けが、関東と関西の融合で微妙なバランスだったのが、関西の味付けでで生まれ育った弟子の代ではその東京の要素が継承されず、東京から来た主人公の方が技術的には劣っていても先代の味付けに近い、という逆説が描かれた話が描かれていたけれど。

    漫画が存在しないところから立ち上げた第一世代と、手本とすべき物があって、洗練させる第二世代とは、同じようなバックボーンの違いがあるわけで。手塚の影響を受けた第二世代は、テレビもアニメもほぼなかった世代で24年組もこの世代に加えていい。35年生まれ前後~45年生まれ前後が第三世代。

    漫画的には第三世代で、なおかつオタク第一世代でもある自分らの世代が、テレビもアニメもなかった世代と生まれた時からそれがある世代の、狭間の世代として文化伝承の役割を負うべきだと思うし、そのためには一度、漫画表現の発達史や表現の整理分類が不可欠ではないかと。拙著はその第一歩でもある。

    "

    1710
  11. "休憩室で男性陣が男性向けファッション誌をチェックしてたら、横からインターンの女子大生が「男性誌より女性ファッション誌に彼氏役で写ってる男のモデルが着てる服を見た方がモテますよ。女性は女性誌しか見ないし、そこに写ってる男=憧れですし」って言ってて、皆の目からウロコが落ちまくってる。"

    Twitter / pentabutabu (via growmoss)

    (元記事: twitter.com (mitaimonから))

    1747
  12. "書籍『目標を「達成する人」と「達成しない人」の習慣』の著者・嶋津良智氏は、目標をたてる時には「結果目標」と「行動目標」を使い分ける必要があるといいます。

    「結果目標」とは、相手や周囲の環境など本人がコントロールできない要素が介入する目標のこと。たとえば、「地球の自然を守りたい」という大きな目標がこれにあたります。一方、本人がコントロールできる目標は「行動目標」。「地球の自然を守る」ために、「1年間で砂漠に植樹を○本する」というものです。

    イチロー選手に当てはめてみると、本来なら全打席ヒットを打つことを目標にしているはずです。しかし、それは結果目標であって、自分でコントロールできるものではありません。そこで、毎日○時間トレーニングする、食事など体調管理を徹底するといった行動目標を設定するのです。

    実は多くの人が目標を達成できていません。100人がいたら95人が目標未達成で終わるという調査結果がある程です。ですが、それは結果目標ばかりにとらわれているから。大切なのは、行動目標を達成しつつ結果目標に近づくこと。

    「例えば営業で『今月600万円の売上を上げる』という目標を立てたとします。そのために毎日3件の契約をとる、その3件の契約をとるために毎日100件の電話をかける、と決めたとします。

    このうち『600万円の売上』と『3件の商談』は、本人以外も要素として含まれるので、コントロールできない結果目標です。

    これを目標にすると、本人の頑張り以外の要素が入っているため、それが未達成だった際に『やったけど、無理だった』という言い訳ができてしまうのです。そこで『1日100件の電話をかける』を目標に設定すれば、いかがでしょうか。それは本人の頑張り次第でコントロールできる行動目標になります」(嶋津氏)

    あなたの目標が未達成で終わっているのは、それは結果目標を立てているからではないでしょうか。まずは、自分でコントロールできるものを徹底管理し、行動目標の達成を目指しましょう。"

    359
  13. "日本では、多くの公共施設や商業施設において、閉館・閉店直前のBGMとして流されるという認識が多い「蛍の光」だが、

    実際は「蛍の光」ではなく、古関裕而編曲の「別れのワルツ」である。"

    213
  14. "賢い人は、公正なジャッジのいないところでは、喧嘩はしない。"

    1385
  15. "「生主が通り魔殺人で捕まる」「黒海沿岸で市民デモからの戦争状態へ」「電子犯罪で不当勾留を受け続けた人による技術的な仮釈放会見」「人工知能学会表紙でメイドロボ絵が人権問題として激論」「歌舞伎町の巨大TVで電子の歌姫がヒットチャートで踊る」「電子貨幣会社が破綻」 #今がサイバーパンク"

    590
Next »